初体験 その3   

待ち合わせ場所は、彼女の家の近くの小さなクリーニング屋の前だった。客が誰も居ない店の前に、夏の強い日差しを防ぐ白い日傘を差して彼女は車椅子に座っていた。サラサラの黒のロングヘアーが風になびいているのが見えた。赤と茶色の柄シャツに短めの深緑のスカートで顔は冬木だった。遠目から見て冬木に似てるなと思いながら近づいて、近くで見たらやっぱり冬木だった。

パグを可愛がる時と同じ感覚で「こんにちは!」と満面の笑顔を作って彼女に挨拶をした。ボランティア部の友人は完璧に募金活動をしている時の声質で「こんにちは!暑いですね!」と挨拶した。彼女は挨拶を返さずに「どっちが千葉さんなんですかぁ?」と聞いてきた。「僕がそうです」と答えたら、彼女は前髪を両手でかき上げてから目に若干の力を込めて僕を見据え「今日は楽しみましょうねぇ」と言った。

ボランティア部の友達についたカラオケに行くという方便は、彼女にも事前に知らせてあったので「あたし今日は何歌おっかなぁ~!」という小芝居も彼女はしてくれた。友達も「デュエットとかしてやれよ~。良い思い出になるぜ~」と僕に小声でアドバイスしてきた。味方は誰も居ないような気持ちになった。

中央車線に寄って走る下手くそな運転のワゴン車が視界から消えるのを確かめてから、少し間を置いて「本当に僕としてくれますか?僕で大丈夫ですか?」と聞いた。彼女は両手で前髪をかき上げてから「するというのはHということですよねぇ?カラオケじゃないですよねぇ?逆に聞きますけどぉ!私とHできますかぁ?」と質問で返してきた。面白い経験をすることで面白い人間になろうという理由のみで、「よろしくお願いします」と僕は答えた。「やった~!じゃあ申し訳ないんですけどぉ。ホテルまで私を後ろから押してもらえますかぁ?」と彼女は満面の笑顔で言った。

夏の照りつける日差しを浴びながら、急な傾斜の坂道を丘の上にあるピンク色のラブホテル目指して車椅子を押した。初めて押す車椅子は力任せに押してもなかなか前に進まなかった。彼女にうまい押し方を教えてもらいながら少しずつ坂を登った。この一歩一歩が初体験につながっているのだと思うと額から流れる汗も気にならなかった。

途中でお互いの自己紹介を改めてした。彼女は28歳の独身。20歳の時に交通事故で車椅子生活になったこと。出会い系で今まで何人も関係を持ってきたこと。でも病気は持ってないから安心して欲しいということ。障害を持ってても性欲は溜まるので僕の友達もセフレとして紹介して欲しいなという希望。「好きな芸能人は誰ですか?」という僕の質問に「スマップの香取君だねぇ!ちなみに香取君は童貞だよぉ!足が不自由だとちょっと見ただけで童貞かどうか分かるんだよねぇ!」という言葉に「そうですか」と答えたりしながら坂を登った。自分でも最低だとは思うが、若干姥捨て山の捨てる方の気持ちが分かったような気がした。

坂の中間地点ぐらいで彼女が「なんだか今さぁ~ゆずの曲がぴったりって感じな雰囲気でいいよねぇ!」と言って、ゆずの「夏色」のメロディを鼻歌で歌いだした。控えめだった鼻歌は徐々に大きな歌声に変わっていった。「夏色」の歌詞は「この長い長い下り坂を君を自転車の後ろに乗せて…」という歌詞だが、現実は「ラブホテルに続く長い長い上り坂を冬木の乗った車椅子を後ろから押して…」であった。最初は完全に無視をしていたのだが、初体験への高まる期待と不安、車椅子を押す疲れなどいろいろな物が一緒になって僕もおかしくなってしまい、僕も彼女と一緒に「夏色」を歌いながらホテルに向かって一心不乱に車椅子を押し始めた。

対向車線を走ってくるラブホテルを利用した帰りの車に乗っているカップルが、一様に見てはいけない物を見たというような顔をしているのが快感だった。セックスの後のカップルの幸せな余韻を打ち消す僕と彼女の行進は変なテンションを保ったまま続いた。


[PR]

# by tsume_kirio | 2013-03-03 06:03 | 初体験 | Comments(0)

初体験 その2   

初体験の話の続き

大学の最初の一年間は友達が全くできなかったが、初めての一人暮らしの解放感で寂しさは全く感じなかった。入学時に配られた新入生全員の自己紹介と顔写真が載っている冊子を使い、4月5月で女子全員をオカズにした。教室に居る女全部が自分がオカズにした女なのが面白くて授業には真面目に出た。自由な生活が本当に楽しかった。

しかし童貞のまま二十歳になった時、今年中に初体験をしないと人生が終わるんじゃないかという脅迫観念に急に襲われた。早く彼女を作ろうと思ったのだけど、大学には友達は少ないし、加えて友達全員に自分が浪人していることを恥ずかしさから隠していたので協力を得ることはできない。どこから僕の一浪情報が漏れるか分からないからだ。かといってナンパをできるような勇気もない小心者の僕には出会い系しかなかった。

携帯の出会い系サイトの掲示板に「僕の童貞を誰か奪ってください」と直球で投稿。何人かの女性から返事は来たのだけど、全てがからかいだった。諦めかけた時に「足に障害を抱えた車椅子の私でもいいですかぁ?それでよければ♪ホテル代と車だけ出してくださいね!」 という返事が来た。

最初は悪戯だろうなと思って警戒したけど、
①当時の僕は面白い経験をすることで面白い人間になれると思っていた。
②パラリンピックで可愛い障害者も居ることを知ってたので多少の期待。
③身体に障害がある人の方が性的に未熟な自分でも主導権を握れるのではないかという計算。
以上のような理由で返事を出したらとんとん拍子で会う話が進んでいった。

ただ一つだけの問題は、彼女がどうしてもラブホテルでのHを希望したことだった。僻地にしかホテルが無い田舎だったので、彼女をホテルに連れて行くにはどうしても車が必要となる。しかし僕は免許を持っていなかったし、タクシーを使うとホテル代が捻出できなくなる、バスはホテルの近くまで走っていない、金を貸してくれる友達も居なかったので手詰まりだった。

悩みに悩んで、体育の授業で知り合ったボランティア同好会に入ってる友達に車を出してもらうことにした。週末は愛車のワゴン車に乗って至る所でボランティア活動。「募金活動の後にみんなで食べる焼肉が美味しい」と言っているような彼なら適当な嘘で車を出してくれそうだと思ったのだ。

「障害者の人との交流活動のボランティアで、車椅子の人とカラオケに行きたいんだ。車を出してくれないか」
とメールを送ったら、2~3分して
「いいねいいね!OK!もう千葉のアパートに向かって出発してる!!」
との返信が来た。

一番近いラブホテルは海沿いの丘のてっぺんに有った。その丘のふもとにあるカラオケボックスにまで行ければあとは何とかなるのだ。

車内にT.M.Revolutionが大音量で流れるワゴン車に乗って、彼女との待ち合わせ場所に僕は向かった。
[PR]

# by tsume_kirio | 2013-03-01 20:51 | 初体験 | Comments(0)

初体験 その1   

僕の初体験は二十歳の大学二年の夏。相手は車椅子の女性だった。顔は理不尽大王ことプロレスラー故・冬木弘道にそっくりだった。

f0245642_16172913.jpg


初体験に至るまでの自分の人生を振り返る。

小学生の時は勉強がかなりできたのと足が学校で二番目に早いという外見以外の部分で多少モテた。しかし当時は小学生がセックスをするような時代ではないので、いくらモテてもセックスまでは持っていけなかった。

中学になると顔一面から首全体に広がるひどいニキビに悩まされた。中学になっても成績と運動神経は相変わらず良かったが、女子は遠ざかっていった。

ある時ニキビ跡をクレーターと呼ぶことを知ったクラスの頭の悪い不良に、床に横になるように言われた。殴られたくないので素直に従ったら、上靴を履いたままの足で顔を踏まれ「月面着陸!」というボケをされた。クラスの中はややウケだった。こういうことはされたけど死にたくなるような長期的なイジメを受けなかったのだけは救いだった。

高校になるとニキビはマシになったのだが、中学時代の醜い自分への反動からソフトバレエやBUCK-TICKなどのヴィジュアル系に傾倒し、何を思ったのか化粧をして学校に行き始める。中学で真っ赤なニキビに覆われていた首は、高校ではファンデーションで真っ白に染められることになった。自分の親指がスッポリと入るデカさの鼻の穴を持つ男が化粧をしていてはモテるわけが無い。

年配の数学教師に「千葉(僕の本名)が化粧を落とすまでワシは授業をしない」と言われ、最初は突っぱねていたのだが、クラスメイトの冷たい視線に耐え切れずトイレに顔を洗いに行ったのは良い思い出である。

生物の授業で『人間の顔には無数の顔ダニが居る』ということを勉強した後に、クラスでは才女として認識されていた真面目な女子にいきなり屋上に呼び出されて「千葉君の顔ダニを殺してあげるね」と言って思いっきりビンタをされた。彼女がビンタをした時に、自分の手に付いた僕のファンデーションを、汚い物を見る表情でハンカチで拭いていたのを今でも思い出す。しかしこのビンタ事件は僕の人生の中でかなり上位に入る良い思い出である。ビンタという形ではあるが女の子が触ってくれたので。

大学受験に一度失敗をしてしまった僕は、浪人生活中に予備校に行くふりをしてゲーセンに通い詰めた。常に黒一色の服装でゲーセンに行っていたので「黒いカラス」という呼び名で地元のゲーセンでは呼ばれていた。最初に黒いカラスと言い出したのは自分なのだけれども。

そして格闘ゲームの大会で四国大会に出るまでの腕前になった。四国大会には「河合塾の模試が高知であるんだ。」と親に嘘をついて、地元の香川から大会が開催される高知まで小旅行を楽しんだ。司会のお姉さんから笑いを取ろうと思い、自己紹介の時に「実は浪人生なんです」と自白したら、感情の全く無い魚のような目で「勉強も頑張るんだぞぉ~!」と頭を撫でてくれた。宿泊先のホテルでそのお姉さんで3回抜いたのを覚えている。

そんなことをしてたので偏差値は全盛期から25も下がった。二浪する気はさすがに無かったので、その成績でも楽に行ける長崎県の大学に進んだ。その大学二年の長崎の夏の日に僕は冬木似の車椅子の女性に童貞を捧げることになる。

こんな感じで二十歳まで童貞だったということを分かってもらえたらと思う。
車椅子の女性との出会いとセックスについてはまた今度。

f0245642_16214359.jpg

[PR]

# by tsume_kirio | 2013-02-28 18:23 | 初体験 | Comments(0)