2016年 02月 12日 ( 1 )   

ビヨンド・ザ・タイム   

新年早々、近所に住んでいる不眠症の元カノと出くわしてしまった。彼女とは七年近く同棲した付き合いである。七年ともなると、良いことも悪いことも含め、本当に色々なことがあったが、今となっては全てが良い思い出だ。ただ、私と別れた後に過眠症の音楽家の男と付き合ったことだけは許さない。眠れない女が眠り過ぎる男と付き合うとは何事だ。メルヘンか。よく眠る音楽家の男とは何者だ。メルヘンだ。貴様が睡眠薬を断薬した時の禁断症状中に私にした「パワフルな動きで家事をしないで!」という無茶なリクエストに応えて、音を立てないようにサイレントな家事をしていた私の頑張りを忘れたのか。
f0245642_735231.jpg

いざ顔を合わせたからといっても、取り立てて話したいことなどは何も無く「今年は年賀状をどれだけもらったか?」というどうでも良い話題になり、私が眼鏡屋からもらった1通だけで、彼女は質屋からもらった1通だけだった。これ以上話をしても、お互いの将来が不安になるだけなので「amazonに頼んでるAVがそろそろ届くから帰るね」と言い放ち、手を振って別れた。
f0245642_763221.jpg

AVの話になったついでに書くが、私は「顔射」という行為が余り好きではない。女性の顔に精子をぶっかけることに罪悪感を覚えるというような真っ当な理由ではなく、大学時代に付き合った彼女から受けたトラウマがその理由である。彼女は「襖や障子の敷居は絶対に踏んではいけない」「朝は5時に起きてお祈りをする」というような教えのカルト宗教に嵌っていた上にヤリマンという手のつけられない女だった。
f0245642_781941.jpg

ある時、海上自衛隊員3人と4Pをしていたことがバレたにも関わらず「女は海を知っている男に弱いの」と全く悪びれた様子を見せない彼女に対し、いつもは嫌がってさせてくれない顔射をさせてもらうことで手打ちにするという工業哀歌バレーボーイズ的な罰を与えることにした。私の精子を顔でしっかりと受け止めた彼女は、空ろな目でしばらくぼんやりとした後「現人神様・・・私・・・試されるのね・・・」とポツリと呟いた。顔射をされることすら「宗教上の試練」と受け止める彼女への恐怖で私は顔射を嫌いになった。
f0245642_717476.jpg

そんなわけで顔射への恐怖感はいまだにあるのだが、昔に見たAVの顔射シーンで、ナイキのロゴマークそっくりに射精した男優が「これ…これ…これ…あ…ああん…名前言っちゃ…マズイけど…有名な会社の…マークで…出ちゃったよ…」と言った奇跡の顔射シーンだけは素晴らしかった。シコっていた手を思わず止めて拍手をしたのをよく覚えている。今年もそんな素敵なAVに出会いたい。いや、必ず出会ってみせる。
f0245642_7181226.jpg

毎年恒例の一大新年行事として「新年最初のオナニーは誰をオカズにするのか?」という問題は、常に私の頭を悩ませてきた。原点回帰を旗印に敬愛する小野真弓をオカズにした年もあった。私の溢れる性欲が日本神話の世界まで脅かし、掛け軸に描かれた天照大神で抜いた年もあった。手塚治虫の「火の鳥」を女性に見立てて抜くという迷走を見せた年もあったが、果たして、今年はいったい誰で抜いたのか。
f0245642_7195488.jpg

昨年末、私がハマっていたのは日本赤軍の重信房子のような美人女性犯罪者で抜くことと、スーパーで売っている野菜に貼ってある「この野菜は私達が作りました」ということを証明する生産者シールに写っている純朴な農家の嫁で抜くということだった。年が明けてもその流れは変わることはなく、正月から「犯罪者か、農家か」という、おそらく今まで人類で誰も悩んだことがないであろう二択に私は頭を悩ませたが、重信房子の天使の微笑みに負けた私は、新年早々犯罪者でオナニーをすることに決めたのだった。犯罪者をオカズにするような男になってしまい、ここまで育ててくれた親族には本当に申し訳ないと思っているが、親族のほとんどが前科者なので仕方ない。
f0245642_7203368.jpg

「正月にふさわしい女性犯罪者」を探そうと一念発起し、美人犯罪者の検索に躍起になっていた私の前に恐ろしいサイトが現れた。その名は「arrests.org」である。このサイトはアメリカの公式サイトであり、TOPに表示されているアメリカ地図の州をクリックすると、その州で逮捕された犯罪者の逮捕時の顔写真がリアルタイムでどんどんアップされるというものだ。これだけでも充分面白いのに、様々なタグ検索で犯罪者を絞り込むこともできるようになっている。各州の最新画面から「Tagged」→「Hotties(セクシーな女性)」で検索すると、美人犯罪者を抽出できる。まさに私の為にあるタグではないか。他にも「Beat up(殴られて顔が腫れている人)」や「Hunks(イケメン)」等で検索をして楽しむこともできるので興味のある方は色々試してみると良い。
f0245642_7252510.jpg

私は、色々な州を回りHotties検索で美人な外国人女性犯罪者を探しまくった。何名かの美人犯罪者をリストアップした後、厳正なる審査の上、テキサス州のマーガレットで抜いた。犯罪者で抜くという罪だけでなく、自分が日本人であるという誇りを忘れ、新年から外国人女性で抜くという罪まで私は犯してしまったのだ。しかし、私の心には何の後悔もなかった。マーガレットはそれだけの女なのだから。本当にマーガレットは良い女だよ。
f0245642_726301.jpg

マーガレットで果てたしばらく後、何気なく更新ボタンを押してみると、新しい犯罪者の写真がアップロードされているのを目の当たりにした私は「この世から犯罪が無くなることなんて絶対に無いんだ」というこの世の現実を悟り、ただ涙を流した。アメリカで産まれた悲しみは海を越え、下半身丸出しの日本人男性の感情を揺さぶった。この瞬間だけでも世界は一つなのかもしれない。しかし、絶対に変えることのできない悲しい現実はたくさんある。それなら徹底的に毎日を楽しむしかない。そう決心した私はフロリダ州のクリスタで抜くことにした。マーガレットからクリスタへ、クリスタからナタリーへ、ナタリーからジェシカへ。ジェシカから未来へ。



[PR]

by tsume_kirio | 2016-02-12 07:38 | 人生の終わり | Comments(7)