2015年 06月 24日 ( 1 )

風林火山

先日、人生で初めてのボーナスをもらった。人生初のボーナスであるがゆえ、いざ大金をもらっても、どう使えば良いのか皆目見当がつかないので、ならば久しぶりに風俗遊びでも行きますかと渋谷の街に洒落込んだのだが、全く性的サービスを受けずに風俗嬢と別の遊び(ホテルの部屋でかくれんぼ、野球盤で対戦する等)を楽しんでしまう悪癖が出てしまい、家から持参したエアガンの撃ち方を杏さゆり似の風俗嬢にレクチャーする60分コースと相成った。まだぎこちないが、何とかエアガンを撃てるようになった風俗嬢の姿が映画「レオン」のマチルダの姿に重なり「これが俺にとってのレオンなんだ!」と興奮した。「その銃を俺に向けて欲しい」という私のリクエストに応え、本当に引き金を引くんじゃないかというぐらいの迫力で銃を構えた風俗嬢の美しさに見とれた私の股間は思わず勃起した。60分コースは残り5分である。「ごめん、残り5分でイかせてくれる?」という私の情けないお願いに、構えた銃をスッと下ろし「やってみるね」と微笑む彼女。銃が似合う女は良い女だという私の持論はやはり間違ってはいなかった。結果2分程度で昇天させられたが、早撃ちは銃を扱う者にとっては誉れである。

f0245642_12463852.jpg



風俗からの帰り道でかかりつけの病院に寄った。風俗の後に病院に行くか病院の後に風俗に行くか、これは意外と大事な問題なのではないかと思い、お世話になっている精神科の先生に「実はここに来る前に風俗に行ってきたのですが、診察する側の先生からすると診察前に風俗に行く奴と診察後に風俗に行く奴のどっちが嫌ですか?」と聞いたら「お元気そうで安心しました」と一刀両断された。信頼できる先生だ。その日の診察で「運転手ではない自分には止まった電車を動かすことができないように、自分の力でどうしようもできないことに直面した時に不安を感じやすくなっていますね」という精神分析をされたが、自分の人生すら思うようにコントロールできていない私は現実逃避の為に立ち寄った行きつけのオカマバーのオカマに、上記の診断結果を伝えたところ「簡単に言えば、何でも自分のやりたいようにやりたいドS野郎じゃねえか!」と散々罵倒された挙句「パニックS」というありがたいあだ名を頂戴した。中野のパニックS、ここに在り。



下手に金が有るなら、いらない電化製品でも買おうかとヤマダ電機へ。パソコンコーナーで何となくワイヤレスマウスを物色。マウスといえば、大学時代にプレイした18禁エロゲームを思い出す。そのゲームの売りは女性キャラとのHシーンで挿入時のチンコの動きをマウス操作で自由自在に操ることができるという点だった。マウスを激しく動かすと「激しくしないで・・・」挿入したままマウスを止めると「止まってないで動かしてよ・・・」と女性キャラが言ってくるという革新的システムだった。あーだこーだと様々な動きを試すのは本当に楽しかったが、そのうちコードの長さが制限されていることで自分の理想とするマウス動作ができないことに激しい苛立ちを覚えた私は、当時は非常に高価だったワイヤレスマウスを育英会奨学金を使って購入し、コードレスの広大な動作範囲を生かし、部屋の端から端までマウスを走らせて「オマンコ壊れちゃう!」と女性キャラに何度も言わせたものだ。オマンコ壊れちゃうよね。ワイヤレスだもの。このエロゲームから私が学んだことは、チンコの動かし方は武田信玄の旗印に書かれている「風林火山」の教えの通りにすることが大事だということだった。チンコも戦も、疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如くなのである。当時童貞だった私は、いずれ来る童貞卒業という大一番に向けて「チンコ風林火山」の心構えを持ち続けていたが、遂に相見えた初体験の相手が車椅子の女性だったことで頓挫した。動かざること山の如しというか動けないこと山の如しという女性が相手ではどうにもならなかった。武田信玄もあてにならない。
f0245642_12482498.jpg



結局有効なボーナスの使い方を見つけられなかったので、良いことがあった人へのお祝い金でほとんど浪費してしまった。残ったお金で、最近食事をした後輩が待ち合わせ中に読んでいた乳癌にかかった女性ジャーナリストの手記を買った。闘病記のように見せかけてセックスばかりしているし、日本人は辛気臭い励ましの言葉しかくれないのでダメ、その点外人はユーモアがあって最高だというような日本批判までしているのが無茶苦茶で面白かった。特に、筆者とのセックス時に筆者の胸を愛撫する前に「まず医学的関心を持って触るからね」と言って胸に触れた男は素晴らしかった。今度風俗に行ったらこの言葉は是非使おうと思う。その為に今日も明日も働かないといけないのだ。




[PR]
by tsume_kirio | 2015-06-24 12:52 | 人生の終わり | Comments(4)