夏の大三角形   

長年の友人である奥田民生似の女との定期的な食事会。ほうれん草ベーコンしょうゆ味のパスタをほおばりながら、前科者の彼女から過去に犯した罪の詳細を初めて聞く。熱湯をかけられた人間の細かい動作を身振り付きで熱っぽく語る民生似の女。ひとしきり話した後に「変な話しちゃってごめん。別の話しよ。あなたがよくする力道山のファーストキスの話以外でどうでもいい話してくれる?」とリクエスト。ならば、獣神サンダー・ライガーが家族の前で飼い犬のチンポをしごいて射精させ、ティッシュで精子を拭き取った後に「ハイ、ご苦労さん」と言った話をしようと思ったら「この世で一番素敵な匂いって知ってる?」と先に話を切り出されてしまった。僕の答えを待たずに「オシャレな外人さんが『それは印刷されたばかりの本の香り』とか言ったらしいよ。その外人のことよく知らないけどたぶんホモだろうね」とまくしたてる彼女。この世が「たぶんホモ」という簡単な言葉で片付けられる人達ばかりなら素敵な世の中だなと思った。
f0245642_13125682.jpg


僕も小さい頃から紙の匂い、特に漫画雑誌の匂いが好きだった。ゴミ捨て場に置かれている雑誌の束をほどいては色々な雑誌の匂いをかいだものだ。現在の週刊少年ジャンプではお目にかかれないが、昔のジャンプの巻頭カラーのページはオレンジ色がかったページだった。そのページの独特の匂いがとにかく好きだった。たまにカラーページの紙質がやけに柔らかい号があった。特にアウターゾーンの第1話「ママと悪魔」のカラーページの紙の柔らかさとクリームのような匂いのハーモニーは絶品だった。
f0245642_131317100.jpg


紙の匂い好きは大人になってからも衰えることなく続いた。お歳暮やお中元の包み紙の匂いも常に確認するし、旅行代理店や携帯ショップの店頭パンフレットは極力持って帰って家で匂うようにしている。一見同じ紙質に思える旅行パンフレットで金沢とシンガポールのパンフレットだけ違う匂いがした時は、その発見を誰かに伝えたい衝動に駆られたが、きっと誰も相手にしてくれないので、何かしらの反応はしてくれるだろう行きつけのオカマバーのオカマに報告した。世の中のどうでも良い情報は全てオカマに集めれば良い。近所に続けて大学ができた時は、一般人が入り込める場所に設置してある部活勧誘のチラシや大学新聞等を漁りに漁った。大学内にしか存在しない未知の匂いとの遭遇に胸を躍らせたあの日々は楽しかった。紙といえばCDの歌詞カードの匂いもいろいろな匂いがあって楽しい。CDレンタルをする時も聴きたいCDの枚数「▲枚で●●円」の必要枚数に足らない時は良い匂いのしそうなCDをジャケで判断して借りている。若気の至りで消費者金融で金を借りることになった時も、目の前の自動契約機から徐々に印刷されて出てくる契約書を見つめながら「こういう契約書なんだからせめて良い匂いがするんじゃないか」と小さな期待を持った。そんな僕の祈りを打ち砕く無臭の契約書が生きることの厳しさを教えてくれた。
f0245642_13152239.jpg


歌詞カードといえば、学生時代に人から借りたCDの歌詞カードに必ず唾の跡を付けて返す女が居た。たぶん歌詞カードを見ながら熱唱している時に飛んだ唾の跡なのだが、歌詞カードが黒地だったりしたら夏の夜空に輝く星座のように唾の跡が一面に広がっていたものだ。単に汚いものだと片付けずに唾の跡を観察すれば、跡が多いページは彼女のお気に入りの曲だと気づけたし、僕の大好きな曲のページに彼女の唾の跡が多い時は妙な興奮を覚えた。シングルカットされた曲のページだけ唾の跡が多い時はこのアーティストはアルバムはあんまり良くないんだなと推察された。僕にとって彼女の唾の跡は巷の音楽情報誌よりも生の声を届けてくれる信頼できる判断基準だった。ブックタイプではなく広げたら一枚の大きな紙になるタイプの歌詞カードだと唾の跡が散らかっていて、どの曲が彼女のお気に入りなのかが判断し難くて嫌だった。僕がそういうタイプの歌詞カードがいまだに嫌いなのはその影響である。
f0245642_13153717.jpg


僕はパスタ屋では必ずおかわりをする。二杯目のほうれん草ベーコンしょうゆ味のパスタの向こうでつまらなそうな顔をしている民生似の女は、過去に自分の唾をおっさん連中に売って生活していたことがある。結局僕の周りには唾にゆかりのある女しか集まらないのだ。それはとても良い事だ。


[PR]

by tsume_kirio | 2014-04-04 13:20 | | Comments(5)

Commented by たぬき at 2014-04-05 10:39 x
更新待ってました。
Commented by 叶内 at 2014-04-11 01:47 x
4月中っていつだよ
Commented by mataro at 2014-04-12 23:50 x
匂いで思い出しましたが、知り合いは、彼女に同じパンツを一週間穿いてもらい悩殺されたと。いろんなフェチがいるんですね。
Commented by りえ at 2014-04-15 11:20 x
前回のコメントで軽くうろたえました。
わざとなの? なんなの?
でもそれもうろなえながらしていたなら軽く萌えます
Commented by tsume_kirio at 2014-05-02 19:43
・たぬきさん
 更新頑張ります。やるっきゃない。
・叶内
 どんどん出世していくお前を見ているのが辛い
・mataro
 職場の冊子はまだ何も匂っていないんですよ。
 僕はそういうところはちゃんとしています。
・りえ
 僕はモテるためにブログを書いているんですが、モテますかね。

<< 華麗なる一族 年配のスニーカー >>