焼却炉 その4

親父の怒りの全力パンチを顔面に食らって意識を失った僕は暗闇の中で目を覚ました。何か柔らかい物の上に自分が寝ている事は分かったのだけれど、それが何かは分からない。手足を上下左右にある程度動かせる余裕はあるが、立ち上がろうとしたら堅くて冷たい物が額に当たって起き上がることができなかった。徐々に暗闇に目が慣れてくると、頭上の隙間から若干漏れてくる光で外の様子が少しだけ見えた。その光は地域の集会場に立っている街灯の明かりだった。辺りはもう夜になっているようだ。

集会場は誰かが個人的に所有している場所では無く、周辺に住む人が共同で利用する場所で、家庭でいらなくなった物を置いておく物置があり、欲しい物があったら勝手に持ち帰っても良いことになっていた。一時的な駐車場に使用されたり、捨てられたペットもそこに置いてあればみんなで世話をした。そんな便利な集会場の人気コンテンツとして、近所の製材所の大工さんが自作した地面に穴を掘って作った焼却炉があった。地面に縦横2メートル、深さ1メートルぐらいの穴を掘り、そこにコンクリートを流し込んで側面と底を固めて出来上がり。その上に空気口としての小ぶりなかわいい煙突が付いた鉄製の大きな板を蓋として置く。各家庭がゴミを持ち寄って、ある程度の量になったら燃やしたい人が燃やしていた。僕はその焼却炉の中に放り込まれたようだった。

いくら鉄の蓋とはいえ、中学生の僕なら簡単に持ち上げれる重さのはずなのだが、親父が上から何か重しを乗せているようでどれだけ力を入れても動かなかった。ある程度ジタバタした後に身体を反転させてうつぶせになった。小さい頃から寂しくなるとしている、目をつぶってまぶたの上から眼球を指でぎゅっと強く押すと、きらきら光る星模様や幾何学模様が浮かんでくるという遊びをして気を紛らわさそうとしたのだけど、気が動転して自分がゴミを燃やした灰の上に居たのを忘れていて、顔を灰に突っ込んでしまって咳き込んでしまった。もう一度上を向いて蓋の隙間から漏れる光や外の音に耳をすませて居たら、次第に背中があたたかくなってきた。どうやらこの灰は今日燃やされたばかりのようで、まだ少し熱が残っていて、それが終わりかけのホッカイロぐらいの熱で僕を包んでくれていた。その生温かさと燃え残っているゴミの臭さが少しするこの空間を心地良く感じてしまい、一生ここに住めたら素敵かもしれないと思った。自分が家に居ても親父や婆ちゃんにも迷惑をかけるし学校のみんなにもそこまで必要とされていないからちょうどいいかもしれないと考えた。もしかしたら赤ちゃんがお母さんのお腹の中の羊水に包まれている時は、今の焼却炉の中と同じぐらいの心地よさなのかもしれないなとかバカなことも考えた。

そんなことを考えているうちにある程度気持ちが落ち着いて無性にオナニーがしたくなった。女はどうか知らないけども男は一回抜いてしまえばほとんどのことはどうでも良くなる便利な生き物なのだ。僕は就職試験でも、面接前に控え室で待たされている間に、その会社のトイレに行って一発抜いてくることで何回も試験に合格している。一発抜いたことから来る心の落ち着きがあれば何でも冷静に答えれるし、もし監視カメラで撮られてたら自分は終わりだという危機的状況に比べたら面接の場なんて何も怖くないのだ。オナニーは生きていくうえで有益な別の使い方もあるのだ。

そんなわけでオナニーをするために伸ばした手に触れた自分のチンコの温かさは灰の温かさの何倍も温かく感じたし、言葉にできない落ち着きを僕にくれた。やっぱり最後に信じられるのは自分のチンコだけだ。それと同時に今からするオナニーが人生最後のオナニーになるかもしれないという予感も感じた。最初は下半身がゴミで汚れないようにパンツ前面のチンコを出す所からチンコを出してオナニーをしようとしたのだけど、どうせ死ぬなら、息子をこんな所に閉じ込めたから息子は気が狂ってこんな姿で発見されたと親父にダメージを与えたかったのと、単純に温かい灰を地肌でに感じてみたいという興味でパンツも全部脱いだ。温かい灰がケツの割れ目に食い込んでくる。灰に犯された。思ったほどは気持ち良くなくて残念だった。しかし、下半身裸になったことで密閉された空間である程度の解放感を得られたような気分になった僕は安心して最後のオナニーに取り掛かった。

僕はエロ本やエロビデオを見ながら抜くビジュアルオナニー派ではなくて、妄想だけで抜くイメージ派だったので、暗闇の中でも何の問題も無くオナニーに取り掛かれた。しかし、どうしても頭の中に浮かんでくる女のイメージとして堀ちえみしか浮かんでこない。理由はいまだに分からないのだけど、その時はどうしても堀ちえみのことしか浮かんでこなかったのだ。特に堀ちえみ好きでもないし、親父が熱狂的なファンだったとかそんな理由も無いのに掘ちえみが僕の頭を独占した。人間は極限状態に陥ったら自分が潜在的に好きな本当の女性に気づくのかもしれないと僕は思った。自分が一番好きな女は堀ちえみなんだなと悟った僕は大いにシコった。いつもより激しく上下に動かした手がすっぽ抜けて、上の鉄の蓋に何回か手をぶつけたがその鈍痛すら心地よかった。身体が上下細かく動くたびにケツの隙間に灰も徐々に入ってきた。こんなオナニーはもう一生ないだろうという興奮状態で僕は達した。闇の中へ自分の精をしこたま解き放った。身体を左右に動かして右の闇へ左の闇へ精を放った。本当に本当に気持ちよかった。マイベストオナニー。

f0245642_13154685.jpg


人生最後であり人生最高のオナニーを終えたら頭が冷静になり、尻に食い込む灰の感触が気持ち悪くなって結局ズボンを履いてしまった。そうして一息ついた後に美保純の存在を思い出して僕は激しく落胆した。あれだけ何度もお世話になっていたのに、こんな大事な時に美保さんのことを思い出せなかった僕は肝心な時に役に立たない大馬鹿野郎だと自分を責めた。「どうして最後のオカズが堀ちえみなんだ…」と声に出した瞬間に自分の中で緊張の糸が切れ、今まで何とか抑えてきた死や闇への恐怖が爆発した。僕は「僕が悪かったです!許してください!誰か出してください!ごめんなさい!もう悪いことはしません!」と大声で泣き叫んだ。そうしたら親父は割と近くで様子を見ていたらしくてすぐに外に出してくれた。後からびっくりしたのは、親父の話では、僕が意識を取り戻してから外に出してもらうまでの時間は10分ぐらいだったということだ。人間はたったの10分でここまで考える。人間には可能性がある。人間の思考は無限だと僕は信じています。僕はこの経験で今も引きずるぐらいの閉所+暗所恐怖症になったのですが、焼却炉から出たその後の風呂の中で美保純で抜きました。恐怖症が有っても人は生きていける。大人になってから親父にこのことを話したら「もう結婚とかはしなくていいので人様に迷惑をかけずに生きてくれ」と言われた。

目が覚めたら狭い木箱に閉じ込められていた主人公の脱出劇!というような映画を最近何本か観たけど、どの映画もとりあえずオナニーをするという描写が無かったので何だか残念だなぁと思う。オナニー描写がある箱に閉じ込められてます系の映画を知っている人が居たらぜひ教えてください。
[PR]
Commented by みか at 2013-04-09 00:37 x
毎回、更新されるのを楽しみにしています。めっちゃ面白いです!!!
これからも続けてくださいね(^ ^)
Commented by tsume_kirio at 2013-04-11 23:08
ブログタイトルに書いた夢をもう一つぐらいは叶えたいので更新を頑張ります。これからもお暇な時に見に来てください。
by tsume_kirio | 2013-04-05 14:37 | 焼却炉 | Comments(2)